ダイレクトボンディング、さいたま新都心・北与野の新都心アクアデンタルクリニック

診療案内

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、コンポジットレジンと呼ばれる、白いペースト状の素材を、虫歯を削ったところへ直接盛り付けていき、歯の色に近い白さや形をを再現する治療法です。ペースト状の素材に光をあてて固めたあと、キレイに磨き上げ、より天然歯に近くなるよう仕上げます。

天然歯に近い白い歯に治療する

歯の色は、異なる光学特性を持つエナメル質と象牙質から構成されており、単純な色相だけでは表現がむずかしい色となっています。しかし医療技術の進歩に伴い、最近では複数の色調を重ね合わせることで、天然歯に近い白い歯を再現できるようになっています。

ダイレクトボンディングで利用する歯の修復用コンポジットレジンは、保険適用プラスチック(レジン)より変色しにくいため、修復後の歯を、よりキレイな状態で長く維持することができます。

ダイレクトボンディングは、材料の選択、色の使い分け、精密な作業をする歯科医師のテクニックが必要となるため、歯科医院によっては取り扱いしていない場合もあります。また、同様の理由で治療時間も通常より長く頂く必要があります。そのため、ご希望があったとしても、初診ではダイレクトボンディングの説明・診査・診断のみとなる可能性が非常に高くなります。ご理解いただきますようお願いいたします。

こんな方におすすめ

  • 前歯の隙間が気になっている
  • 以前治療した前歯の変色が気になる
  • できる限り短期間で治療を終えたい
  • 将来、歯を失いたくない
  • 神経にまだ達していない虫歯を治療する

ダイレクトボンディングは、白い歯へ修復する治療なので、見た目をキレイに治したいという方へはもちろんおすすめです。しかし、ダイレクトボンディングで治療する患者さんにとっての最大のメリットは、歯を削る量を最小限にできることだと考えています。

ダイレクトボンディングのメリット・デメリット

保険適用のレジンや、セラミック修復と比較したときのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット

  • 歯を削る量が抑えられる
  • 1日で治療が完了する
  • 金属を使わない
  • 天然の歯に近い白色に修復できる

デメリット

  • 大きな虫歯の場合など、適応できないことがある
  • 歯科医師の技術によって、仕上がりが変わる
  • 長い期間を経過すると変色することがある ※

※長い期間を経過したことでの変色は、研磨することで改善できます。

歯を削る量を最小限にする!

歯を削る量をできる限り少なくすることは、歯を長く持たせるためにたいへん重要で、ダイレクトボンディングは最適な治療だと思います。

ダイレクトボンディングの虫歯治療は、虫歯の部分をできるだけ小さく削り、健康な歯を最大限に残しつつ進められます。

歯を失うサイクル

なぜ削る量が少なく済むのか?

詰め物や被せ物で、虫歯を修復するときは、型取りをするため、虫歯以外の健康な歯質を削ることが一般的です。しかし、ダイレクトボンディングは、型取りをしないため虫歯の部位のみピンポイントで削ることができ、歯を削る量が少なくできます。

なぜ削る量は少ない方が良いのか?

永久歯は、一度失ってしまうと、再度生えてくることはありません。そして、一度虫歯になった歯を修復して、その後再発した場合は、改めて虫歯を削る必要が出てきます。その繰り返しをすることで、歯を失うリスクを高めることになってしまいます。

つまり、1回の治療ごとに、歯の健康な部分をどれだけ多く残せたかで、歯の寿命が大きく変わってくるということです。

ダイレクトボンディングの治療相談

ダイレクトボンディングは、患者さんがご希望されても、全ての歯に適用できるという治療ではありません。当院では、院長が診査・診断を行い、患者さんのご要望に応じて相応しい治療法をご提案しています。

また、ダイレクトボンディングは、前述したとおり、比較的小さな虫歯に適した治療となります。ご興味をお持ちの方は、虫歯が進行して治療の選択肢が限られてしまう前に、ぜひ一度ご相談いただきたいと思っています。

↑
PAGE TOP